7弦ジャズギタリスト 柳武史雄

九州・福岡を中心に活動する7弦ジャズギター奏者 柳武史雄のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Fun On The Frets


Fun On The Frets / Yazoo L-1061

Side 1
Carl Kress and Tony Mottola
1. Fun on the Frets
2. Jazz in G
3. Sarong Number
4. The Camel Walks
5. Blonde on the Loose
6. Serenade
7. Squeeze Box Swing
8. Sharp as a Tack
9. Nobody's Idea
10. Boogie Woogle for Guitar

Side 2
Carl Kress & Dick McDonough
1. Danzon
2. I've Got a Feeling You're Fooling

Carl Kress
3. Peg Leg Shuffle
4. Sutton Mutton (Taking it on the Lamb)

George Van Eps
5. I Wrote it for Jo
6. Kay's Fantasy
7. Tea for Two
8. Once in a While

Recorded in 1934 - 1949


A面の Kress-Mottola デュオはすべて1941年の録音で、
カール・クレスさんの伴奏については、
リズムのキレ、ハーモニー、そして曲の構成、といずれもバージョン・アップしたプレイを聴く事ができます。
カール・クレスさんのオリジナル曲で、
僕のお気に入りの曲でもある Sarong Number は、
後年、奥様の Herren Carroll さんとの共演されたアルバム Singin' & Swingin' でも
取り上げられています。

B面の Kress-McDonough によるデュオ、
(他のCDに収録されていないB-2は結構短い曲です)
カール・クレスさんの独奏による2曲、
そしてB面後半の George Van Eps 大先生のトリオで奏でられる4曲、
どれも素晴らしいです!!

それに加えてこのジャケット・デザイン!!
カッコイイと思いませんか!?
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/16(木) 04:08:26|
  2. Carl Kress
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumio7string.blog112.fc2.com/tb.php/9-2ccf0957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。