7弦ジャズギタリスト 柳武史雄

九州・福岡を中心に活動する7弦ジャズギター奏者 柳武史雄のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柳武史雄 meets Q.Q.ドクターズ Live at Gate's 7

8月24日(金)に中洲ゲイツ内の Gate's 7 (ゲイツ7)で行ったライブにおきましては、
100名近い本当にたくさんの方々にご来場頂き、誠にありがとうございました!!

今回、諸事情により通常よりキャパの大きい会場で演奏する事になり、
正直言ってどうなることかと思っていたのですが、
皆様のお陰で無事にライブを終える事が出来ました!!

素敵な雰囲気の店内と素晴らしい音響の中での演奏を、
きっと僕たちと同じように楽しんで頂けた事と思います。

そして、ゲイツ7の葉山店長、ブッキング担当の赤木さんをはじめお店のスタッフの皆様もありがとうございました&お世話になりました!!

僕が約20年前に初めて接した生のジャズ・ライブで演奏されていた、
原田迅明さん(ds)、升井一朗さん(b)、井上裕章さん(p)。
僕の憧れのお三方と、今回もまたステージをご一緒させて頂いて最高に楽しかったです!!!

また皆様と演奏会場でお会い出来るのを楽しみにしています!!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/26(日) 05:11:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Classic in Jazz Carl Kress - Guitar Stylist

Classic in Jazz - Carl Kress

Classic in Jazz Carl Kress - Guitar Stylist / Capitol H368

Side1
1. Walking Behind Miss Lucy +
2. Jazz in G *
3. Swan of Tonelle Avenue ++
4. Coquette **

Side2
1. Blonde on the Loose +
2. Sarong Number +
3. The Goose from Gander ++
4. Just You, Just Me **


* Recorded May 29 , 1945
Carl Kress (g), Tony Mottola (g)

** Recorded Oct. 17 , 1946
Carl Kress (g), Hank d'Amico (cl), Stan Freeman (p),
Chris Greffin (tp), Artie Drellinger (ts),
Bob Haggart (b), Dave Tough (ds)

+ Recorded February 6 , 1947
Carl Kress (g), Tony Mottola (g), Paul Ricci (cl),
Bob Haggart (b), Terry Snyder (ds)

++ Recorded May 20 , 1947
same group as above


Capitol Records の10インチLPです。
この時期には、すでにエレクトリック・ギターを使用しているようです。
ここでもオリジナル曲の Sarong Number が取りあげられています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/18(土) 10:51:15|
  2. Carl Kress
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fun On The Frets


Fun On The Frets / Yazoo L-1061

Side 1
Carl Kress and Tony Mottola
1. Fun on the Frets
2. Jazz in G
3. Sarong Number
4. The Camel Walks
5. Blonde on the Loose
6. Serenade
7. Squeeze Box Swing
8. Sharp as a Tack
9. Nobody's Idea
10. Boogie Woogle for Guitar

Side 2
Carl Kress & Dick McDonough
1. Danzon
2. I've Got a Feeling You're Fooling

Carl Kress
3. Peg Leg Shuffle
4. Sutton Mutton (Taking it on the Lamb)

George Van Eps
5. I Wrote it for Jo
6. Kay's Fantasy
7. Tea for Two
8. Once in a While

Recorded in 1934 - 1949


A面の Kress-Mottola デュオはすべて1941年の録音で、
カール・クレスさんの伴奏については、
リズムのキレ、ハーモニー、そして曲の構成、といずれもバージョン・アップしたプレイを聴く事ができます。
カール・クレスさんのオリジナル曲で、
僕のお気に入りの曲でもある Sarong Number は、
後年、奥様の Herren Carroll さんとの共演されたアルバム Singin' & Swingin' でも
取り上げられています。

B面の Kress-McDonough によるデュオ、
(他のCDに収録されていないB-2は結構短い曲です)
カール・クレスさんの独奏による2曲、
そしてB面後半の George Van Eps 大先生のトリオで奏でられる4曲、
どれも素晴らしいです!!

それに加えてこのジャケット・デザイン!!
カッコイイと思いませんか!?

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/16(木) 04:08:26|
  2. Carl Kress
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月のライブ・スケジュール

8月3日(金) 20: 00~
内田浩誠・柳武史雄 デュオ
メンバー  内田浩誠(ピアノ)
      柳武史雄(7弦ギター)
チャージ  2500円 要ドリンクオーダー
      (注)別途テーブルチャージがかかります。
      アルコール類800円 ノンアルコール類500円
会場    Jazz Spot River Side
      福岡市博多区中洲3-7-24 2F
      Tel 092-281-6843
      http://www.jazz-riverside.com/


8月16日(木) 21: 30~
柳武史雄カルテット
メンバー  柳武史雄(7弦ギター)
      井上裕章(ピアノ)
      SAKU (ベース)
      未定 (ドラムス)
チャージ  なし 要ドリンクオーダー
会場    BACKSTAGE (バックステージ)
      福岡市中央区大名2-4-31 1F
      Tel 092-712-2828
      http://homepage3.nifty.com/backstage/


8月24日(金) 20: 00~
柳武史雄 meets Q.Q.ドクターズ
メンバー  柳武史雄(7弦ギター)
      井上裕章(ピアノ)
      升井一朗(ベース)
      原田迅明(ドラムス)
チャージ  前売り2500円 当日3000円 (要ドリンクオーダー )
会場    Gate's7 (ゲイツ・セブン)
      福岡市博多区中州3-7-24 Gate's7F
      Tel 092-283-0577
http://www.gates7.com/

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/14(火) 07:25:41|
  2. 過去(開催終了)のライブ・スケジュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Guitar Genius of Dick McDonough & Carl Kress in the 30's

Carl Kress & Dick McDonough-30’s
The Guitar Genius of Dick McDonough & Carl Kress in the 30's / Jazz Arcives JA-32

Side One
1. Between The Devil and The Deep Blue Sea
2. All God's Chillun' Got Rhythm
3. Old Fashioned Love
4. Way Down Yonder in New Orleans
5. Georgia on My Mind
6. My Gal Sal
7. The Ramble

Side Two
1. Chinatown, My Chinatown
2. Wang Wang Blues
3. Chasing A Buck
4. Strut Miss Lizzie
5. My Honey's Lovin' Arms
6. Alexander's Ragtime Band
7. Honeysuckle Rose
8. China Boy

Carl Kress (g)
Dick McDonough (g)
Adrian Rollini (bsax & vib)*
Milt Yaner (as)*
Sammy Weiss (ds)*
Barrry McKinley (vo)*
Artie Bernstein (b)

Recorded Late 1934 & Early 1937

15曲中12曲はクレス&マクドノー楽団*による演奏。
カール・クレスさんとディック・マクドノーさんの二人の掛け合いが素晴らしいです!
ライナーノーツはMarty Grosz (マーティ・グロス)さんが書かれています。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/09(木) 04:57:28|
  2. Carl Kress
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DECCA Presents CARL KRESS

**01-08-07_0809.jpg

DECCA Presents CARL KRESS - In A Recital of Original / DECCA Album No.114

Carl Kress さんによるギター独奏6曲を吹き込んだ3枚組のアルバムです。
このアルバムの存在は、Classic Jazz Guitar.com での音源紹介で知ったのですが、
当時発売されていたSP盤で聴く事で、より彼の実際の演奏に近づいて(?)、
当時の雰囲気を感じ取れるのではないかと思い、ebayで見つけて購入しました。
ジャケットと、開いた内側にある写真がどれも格好よく、
Dick McDonough と写った数枚の写真の中央には、
"Dedicated to Dick McDonough" とあります。

01-08-07_0816**.jpg

SP盤で聴くと、かなりのノイズ越しではありますが、
Carl Kress さんの存在がより身近に感じられ感慨もひとしおです。
いやぁ、本当に素晴らしい方です!

以下の曲順はレコードでの実際の表記通りです。

6 sides-1. Afterthoughts - Part 1
6 sides-2. Afterthoughts - Parts 2 and 3
6 sides-3. Love Song
6 sides-4. Peg Leg Shuffle
6 sides-5. Helena
6 sides-6. Sutton Mutton

というように、このアルバムでは、
以前ご紹介した Retrieval盤 Pioneers Of Jazz Guitar とは多少曲順が違っていますが、
録音日時順に並べ直すと、下記のようになります。

Afterthoughts - Part 1, 2 & 3 - 1938年11月28日
Peg Leg Shuffle - 1939年2月13日
Helena - 1939年6月9日
Love Song - 1939年7月26日
Sutton Mutton - 1939年8月8日

このうち、組曲である Afterthoughts は、
1938年5月25日に逝去した、盟友 Dick McDonough に捧げた曲として知られています。

1939年7月には、当時32才のCarl Kress さんは、The Merry Macs でボーカルを担当されていた、当時23才の Herren Carroll さんと結婚されています。
この事は1939年7月24日月曜日発行のTIME誌で紹介されていました。
どうやら、Helena そして Love Song の2曲は、
お二人の結婚の記念に、奥様のHelenさんに捧げた曲のようですね。

Peg Leg Shuffle と Taking It on the Lambと副題の付いた Sutton Mutton については、なぜ、この題名になったのかは皆目見当がつかないですねぇー・・・。

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/01(水) 08:33:24|
  2. Carl Kress
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。